キーワードは「絆」と「自立」。
生きがいにあふれた毎日をお約束します。

ケアハウスとは、平成元年、
厚生省が老人福祉法に基づき制度化した軽費老人ホームの新しい形態です。

様々なサービスや配慮で入居者にとって最適と思われる環境を実現。
近隣の医療機関とも協力に連携し、万一の時の対応にも万全を期しています。

また、入居された皆さんの悩み事を解決するカウンセリング耐性も充実させ、
入居者の皆さんが生きがいにあふれ自立した毎日を元気に送れるよう、
側面から最大限の援助を惜しみません。

本格化する高齢者社会に対応する新しい地域福祉の輪は、
ケアハウス「絆の杜天王」から広がります。

さくら、施設外観